鳥取県中森林組合
本文へジャンプ
鳥取県中部森林組合のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
美しい郷土の未来のために私たちは自然を守っています。
 令和2年8月29日更新:山の祭り・森林体験中止のお知らせ
 令和元年10月11日更新:森林体験受付終了のお知らせ
・令和元年10月1日更新:森林作業見学会 開催日の掲載
・令和元年9月25日更新:山の祭りと森林体験、森林作業見学会の開催のご案内
・令和元年7月17日更新:森の作文コンクールの実施について
・平成30年11月26日更新:山の祭り・森林体験および森林作業見学会の開催報告
・平成30年10月11日更新:森林体験受付終了、森林作業見学会開催に係る詳細掲載
・平成30年9月6日更新:H30山の祭りと森林体験、森林作業見学会のご案内掲載
・平成29年10月28日更新:山の祭り中止のご連絡掲載
・平成29年9月29日更新:森林体験、森林作業見学会開催に係る詳細掲載
平成29年8月28日更新:山の祭りと森林体験、森林作業見学会の開催のご案内
・平成28年10月25日更新:森林作業見学会の開催のご案内
・平成28年10月5日更新:山の祭り開催と森林体験募集のご案内
・平成28年5月9日更新:タワーヤーダ稼働見学会、環境シンポジウムの開催について外
・平成27年12月22日更新:山の祭り・森林作業見学会の開催報告について
・平成27年10月22日更新:森林作業見学会の開催について(ご案内)
・平成27年10月3日更新:山の祭り開催と森林体験募集のご案内外
・平成26年10月3日更新:山の祭り開催と森林体験募集のご案内
・平成25年7月26日更新:山の祭り開催&森林体験募集のご案内
・平成24年10月15日更新:山の祭り開催のご案内&森林体験募集 
・平成24年9月24日更新:山の祭り開催のご案内 
・平成24年7月20日更新:森林経営計画について・SGEC森林認証取得案内
・平成23年10月12日更新:山の祭り案内
・平成23年6月3日更新:国際森林年記念講演会案内
・平成22年10月8日更新:山の祭り開催案内
・平成21年11月23日:"クヌギ分収造林第1号"を記念し植樹会を行いました。
・平成21年11月1日:“山の祭り”を開催しました。
・平成21年10月9日更新
・平成21年5月2日(土)に森林体験イベント実施
・平成21年4月24日更新
・平成21年1月:組合広報第55号発行
・平成20年3月19日:ホームページ開設 
新着情報

  ★令和2年度スローガン★
  「効率改善
      無駄を省いて
         向上させよう
               仕事力」

SGEC森林認証林 管内取得面積21,694.79㏊

 当組合ではSGEC認証林を中心とした環境保全、多面的機能の維持・発揮等、持続可能な森林経営を目指した環境にやさしい森林整備に取り組んでいます
<と き> 平成28年10月23日(日) <時 間> 午前10:00~午後3:00 <場 所> 倉吉パークスクエアよこ         「大御堂廃寺跡」
枝打・間伐体験としいたけ栽培塾
 フォレストキーパー
 当組合では環境にやさしい森林整備を推進しています。森林は地球温暖化の要因の一部となる二酸化炭素の吸収・土砂流出の防備など、我々の日常生活においても大切な役割を果たしてくれています。
 その大切な森林を後世に残すためにも森林整備が重要です。林業に少しでも興味がある方、山がお好きな方、体力に自信がある方、初心者の方も大歓迎です。ぜひ、一緒に森林の未来を築きましょう。

<給与形態> 月給154,000円~198,000円(昇給あり)
<作業内容> 立木の伐採、運搬、枝打ち、苗木の植付けなど

<勤務時間> 午前8時~午後4時30分
<休   日> 日曜日、盆・年末年始、その他
<待   遇> 各種保険完備、マイカー通勤可
<資   格> チェーンソー、刈払機特別教育の資格取得者優遇

★お問い合わせ先★
鳥取県中部森林組合 事業部
電話:0858-22-6622

令和2年度 山の祭りと住宅デー及び森林体験ツアーは中止といたします

 例年10月の最終日曜日に開催している山の祭りと住宅デー及び同時開催の森林体験ツアー
につきまして、今年度は感染症拡大防止の観点から中止といたします。
 毎年楽しみにしていただいている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

要注意!

【 熱中症 】

 今年の夏は、例年にない猛暑となっています。まだまだ暑い日が続きますので屋外・屋内問わず、熱中症にはご注意ください。

【 蜂 】

 夏から秋にかけて蜂の巣が最も発達し、蜂の数が多くなります。また草が繁茂し、草刈の必要な時期が一番蜂に刺される危険な時期です。刺された際、アナフィラキシー・ショックを起こす可能性があり、死亡するケースもあります。蜂が毎年発生する場所で作業を行う場合は、防蜂網や防護手袋などを着用してください。

 <攻撃を受けやすい色、服装等>
  ●黒字の着衣や黒い長靴等(スズメバチ)
  ●ヘアスプレー・ヘアトニック・香水等ほ化粧品や体臭等

※蜂に刺された場合、初期症状として発疹・流涙・せき・嘔吐・下痢等の症状がある場合、一刻も早く医師の手当を受けてください。 

【 マダニ 】

 マダニがウイルスを媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTF)」があります。このウイルスに感染すると発熱や消化器症状等、多くの症状を起し、重症化すると死亡するケースもありますので、野山や田畑に入るときにはダニに咬まれないよう十分に注意して行動してください。

 <ダニに咬まれないための予防法>
  ●長袖・長ズボン・手袋等を着用し、肌を露出しない
  ●地面に直接寝転んだり、座ったりせずに敷物を敷く
  ●野山に行った後や畑作業をした後は、すぐに体を洗い、咬まれた跡がないか確認し、着替える
  ●ペットを連れて野山に行った後は、ペットにダニが付着していないかを確認する

 ※万が一、マダニに咬まれ、すぐにとれないときには医療機関で処置をしてもらいましょう。

 <熱中症予防法>
  ●水分をこまめにとる   ●塩分を程よくとる   ●こまめに休憩をとる
  ●室内でも温度に気をつけ、気温・湿度が高くならないようにする
  ●衣服を工夫して暑さを調整する